PRGF再生療法

PRGF再生療法|郡山で口腔外科治療ができる歯医者

再生歯科医療 PRGFとは

骨・軟組織を再生させる技術

再生歯科医療 PRGF|郡山ファースト歯科矯正歯科

Plasma Rich in Growth Factors
の頭文字をとったPRGF

これは現在、世界で最も安全かつ画期的であると称される「骨・軟組織の再生技術」です。

歯科の分野では主に、「歯槽骨:歯の根を支える骨」の再生治療が有効と判断した際に使われる技術です。

当院でも

  • インプラント治療
  • 歯周病治療

の際に、有効とみられる症例に限り、この歯槽骨再生テクニックを導入しています。

皮膚科や美容整形の領域でも使用できることから、今ではこのPRGFを導入している症例が(スポーツ医学・アンチエイジングなど)が増え、活躍の場を広げている最先端治療です。

他の再生医療との違い

他の再生医療
  • 他種のたんぱく質または骨
    → ウシやウマなどの骨を高温処理
  • 他家同種のたんぱく質
    → 他人の骨を高温処理
  • その他種のたんぱく基質
    → 豚の歯胚から成長因子を取り出したもの

などを、再生治療の材料として使用していました。

PRGFの治療法

自身の血液中にある、

  • 軟組織

を再生させる成長因子を使います。

これを分離し、高濃度にして使用するため、副作用が一切ない治療として安全性に優れています。

 

適応症例について

口腔外科治療は郡山ファースト歯科矯正歯科にお任せください

PRGFシステム認定指導医による治療

PRGFは、

  • インプラント治療
  • 歯周病治療
  • 親知らずの抜歯

等で使われます。

歯周病で骨が減少してしまった症例

親知らずを抜歯した箇所に骨が必要となった症例

傷口をなるべく早めに治癒させたい

という方には、PRGF再生療法の効果が期待できます。

院長の伊波 良将は、BTI社公認PRGFシステム認定医です。

各症例に関する治療は、下記で紹介させていただきます。

※ BTIジャパン株式会社(研究開発主導の世界的先端企業。再生医療・生体材料の分野で活躍し、PRGF-Endorett®はその多くの成果の一つ)

インプラント治療時に応用するPRGF

「顎の骨が少ない」「インプラントができない」と診断を受けた方

骨が足りないと診断を受けた際のインプラント治療|郡山インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むことによって土台を作り、新たな歯を入れる治療法です。

つまり、本来、顎の骨が少なく足りない方はインプラント治療ができません。

しかし、このPRGF再生療法を使って顎の骨を再生させることで、これまで「インプラント治療ができない」と診断を受けていた方でも、治療ができるようになりました。

 

PRGF再生療法のメリット
  • 骨が少なく足りない方でもインプラント治療ができる。
  • 新たな骨の生成によって、しっかりとインプラントが固定できる。
  • 治療期間の短縮にも有効的に働く。

歯周病治療時に応用するPRGF

歯周病が原因で骨が減ってしまった方

歯周病で骨が減ってしまった方へのPRGF

健全な歯肉

本来、屍肉は色が綺麗なピンク色をしており、引き締まった状態になっています。歯周ポケット(歯肉と歯の隙間部分)が2mm以内であると健全な状態であるといえます。

歯肉炎の状態

ケアを怠り、歯周ポケットに歯垢(プラーク)が溜まってくると、歯肉は赤く腫れ上がり、炎症を起こした状態(歯肉炎)です。軽度〜中等度の歯周病と診断されます。

歯周炎の状態

更に症状が進行すると、歯肉が赤紫に腫れ上がり、ブラッシングによって出血や膿が出てくるようになります。やがて骨が溶け出し、歯茎が下がっていきます。
これは歯周炎の状態で、歯周病まで移行してしまうと重度の歯周病と診断されます。

減少してしまった骨を再生

歯周病によって減少してしまった骨をPRGF再生療法によって再生し、補っていきます。

歯石を丁寧に除去した後にPRGFを応用することで、歯を支える骨が戻り、歯のぐらつきを抑えることができます。

 

抜歯後の治療時に応用するPRGF

骨・歯肉の再生や傷口の早期回復が必要な方

親知らずの腫れ・痛み|郡山ファースト歯科矯正歯科抜歯した骨の欠損部にPRGFを入れることで、抜歯後の治癒(骨・歯肉の再生や傷口の回復)を促すことができます。

親知らずの抜歯を検討されている方へ

親知らずは、抜けば良いという問題ではありません。

例えば、

  • まっすぐに生えている
  • お口の中に十分なスペースがある

というケースであれば、特に抜歯する必要はありません。

抜かなくても良い親知らずを口腔内に残しておくことで、入れ歯やブリッジの土台として活用できたり、他の歯を失ってしまった際に移植したりすることも可能です。

一番上に戻る